2016年のTOPICS        
★ 佐藤智洋漆展のお知らせ
 

2017年6月3日(土)〜12日(月)

12時〜18時  無休 作家毎日在廊

会場:ギャラリーやなせ  京都市北区紫野南舟岡町61-28  075-468-1627
https://www.facebook.com/murasakino6128/

湘南在住の佐藤さんの初めての個展が京都で開催されます。
彼の作品は簡素でありながら、質感の良い、誠実で手の綺麗な仕事です。
実直なお人柄そのままでしょうか〜
お近くの方は是非一度お出かけくださいますようご案内いたします。

 
 
 
 
★ ”春衣香”のつどい(ご案内)
 

ようやく桜の便りが聞こえる頃になりました。いかがおすごしでしょうか?この度は、
襲の衣すなわち躑躅衣、藤衣、山吹衣、桜衣、霞衣の5種類の香を聞きますが、
桜衣、山吹衣の出方で 証歌が変わります。

意味がわからなくてのご参加、大丈夫です。その場で優しく教えてくださいます。
勿論お香初体験 の方も歓迎いたします。華やぐようなひと時をご一緒いたしましょう。

下記の通りご案内いたします。
期日:2017 年5月7日(日)      時間:午後1時から3時半頃まで
場所:工藝サロン梓           講師:寺尾康江氏(御家流師範)
会費:¥3500 (お薄と和菓子付き)    定員:10名
お申し込みは、電話またはメールにて梓まで。    0466-25-7770, info@azusa-kougei.com

 
 
 
 
★ ヤン・シャオミンの「黒い鳥」
 

19 年にもわたり、梓でデッサンを教えてくださっている
ヤン・シャオミン先生の新作の屏風ができました。
銀箔と墨・顔料で描かれたカラスの絵です。

6曲12双に及ぶ作品は、前回の「福島の稲穂」と同じ大きさで、
現在、町田市忠生の曹洞宗の名刹「簗田寺」で展示しています。
観覧は申し込み制です。工藝サロン梓まで、
メールかお電話でお問い合わせください。

 
 
 
 
★ 柳 宗悦と民藝運動の作家たち
 

1月8日(日)〜3月26日(日)

会場:日本民藝館

柳 宗悦が着目した民衆が使う名もなき日常品の美しさを宿す作物を蒐めた拠点として
の同館の80周年を記念しての企画。
共に力を注ぎあるいは牽引した、濱田庄司、河井寛次郎、バーナードリーチ、などの作品
を展観している。

 
 
 
 
★ 民藝運動フィルムアーカイブ 名もなき美を求めて
 

2017年1月27日(金)〜3 月26日(日)

会場:無印良品 有楽町Atelier Muji

カナダ人の映像作家の手元にある、B・リーチが撮影した日本での民窯の様子や、民藝作家たちの生の映像を修理、デジタル化する運動を展開中です。