2015年のTOPICS        
2014年のTOPICS        
2013年のTOPICS        
2012年のTOPICS        
2011年のTOPICS        
2010年のTOPICS        
2009年のTOPICS        
2008年のTOPICS        
 
★ 新刊書紹介
 

「北のオントロギー」岡 千曲 著

国書刊行会 9月に出版された岡 千曲氏の著書です。
文化人類学者として 大学在職中に書き溜めた論文を集大成したものです。

I)北方へのまなざし
II)動物と人
III)シャーマニズムと修験

の三部構成になっています。
門外漢でもその一端を楽しめるような内容もあります。

 
 
 
 
★ 初雁香のご案内
 

秋の気配が深くなりました。
今回は、寺尾先生手作りの盤による 「初雁香」、
これまた焼き物で作られた雁が海を渡ります。
陸地に早く着いた雁が、手紙を携えてゴールに運ぶと言うお香です。

どうぞ、初めての方もご参加お待ちしております。
期日-9月25日(日)13時半から
場所-工藝サロン梓
講師-寺尾康江氏(御家流)
会費-3000円(お茶、お菓子付き)
人員-10名限定

早めのお申し込み、お待ちしております。

梓まで、メール又はお電話で。

 
 
 
 
★ 「世界の絞り染め大全」が出版されました。
 

安藤宏子さんに依る絞り染めの集大成です。

紀元前から現代まで世界各地の伝統の絞りを解説。
風土とテキスタイル、その技法に迫る画期的な本 といえます。
前著、「日本の絞り染大全」に次ぐ大作です。

    誠文堂新光社刊、¥7500+税

 
 
 
 
★ 山内 龍雄 芸術館
 

     今月16日、藤沢に新しくできた芸術館です。

     オーナーの須藤さんが30年に亘り、画家との
     二人三脚で過ごしてきた日々に深く思いを重ね、
     「山内を後世に残す」目的で開館されたそうです。

          http://www.yamauchitatsuo.net

     一度足を運んでみませんか?
     ご案内致します。

 
 
 
 
★ 『仕覆ものがたり』 柳 順子著をご紹介
 

「観せる袋」の文化史、と帯に記されているとおり、単なる 仕覆の作品集ではありません。
かつて、京都書院から上梓された彼女の作品集がいかに素晴らしい ものであったかは、もはや伝説でもあります。

今回は、資料も限られるなか、仕覆の成り立ちから歴史(的にも探りを入れたもの)の探求。そして布への作者ならではの愛情が伝わる一冊です。

          里文出版、¥2,300税別 

 
 
 
 
★ 藍染めのカードのご紹介
 

埼玉の小川和紙、といえばユネスコの無形文化遺産に登録された和 紙の産地で、1400年もの歴史があるそうです。
手漉きの小川和紙にランダムに染められた藍。 ストライプ、水玉、麻の葉模様など、、。
藤沢で藍染の活動をされている、<リトマス>さんの意匠で作られ ました。
一枚一枚に微妙な味わいがあり、使うのがためらわれるほど。
でも一言を書き添える時の手触りの嬉しさ登、緊張感は絶妙です。
静かな味わいのカード、中に一枚白紙が挟まっています。
封筒付き。 一枚¥700( 税別)

 
 
 
 
★ リトマスさんのムーンカレンダー
 

灰汁発酵建ての藍染め集団リトマスさんから、ムーンカレンダーが届きました。

今年は甕覗きの方を頂きましたが、固定のファンがいらっしゃるようです。

手前は今年のリトマスさんのお年賀状。

小ぶりでとてもお洒落ですね。

真ん中には申の紋をあしらったそうです。